Fate/gold knight 22

 眩しい光が薄らいだ時、そこはもう剣の世界じゃなくなっていた。世界の中に無理やり生み出された小さな世界は、セイバーの一撃でその構成ごと吹き飛ばされたんだろう。  周囲の風景は既に、元の城の玄関ホールに戻っている。元のとはいっても、固有結界が展開される前に派手に破壊されていたせいであちこちに瓦礫の山ができた凄惨な光景に変わってしまってい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Fate/gold knight 21

 アーチャーの詠唱が完成するまで、玄関ホールには何の変化も起きなかった。セイバーも弓ねえも、アーチャーのマスターである遠坂だって、あいつが何をしようとしているのか分からなかったはずだ。  だから、豪奢な玄関ホールであったはずの戦場が一瞬にして剣の丘へと変化した時も、それが何を意味するのかほんの一瞬だったけど分からなかったんじゃないだろ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Fate/gold knight interlude-4

「はぁあっ!」  見えない剣が、勢い良く振り下ろされる。だが、セイバーの渾身の一撃は、黒い両腕によってやすやすと受け止められた。敵にかすり傷も付けられないと見るや、即座にセイバーはその腕を足場に飛び離れる。着地した瞬間再び不可視の剣を構え、彼女はきりと歯を噛み締めた。 「甘いわね。単純に斬れると思ってるの?」  バーサーカーの背後…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Fate/gold knight 20

 ──目が覚めた時、正直気分は最悪だった。  頭が泥を流し込まれたように重くて、もう眠くて仕方がない。  もう一度寝直そうかと思ったけれど、どうやらそんな余裕を持てる状態じゃないようだ。  空気が違う。  世界が違う。  ここはいつも寝ている俺の部屋でも、土蔵でもない。こんなに明るい光が覚醒直後の意識に飛び込んで来るなんて、う…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Fate/gold knight 19

 皆揃って帰宅した頃には、冬の早い日没のせいか周囲はすっかり薄暗くなっていた。手分けして、大急ぎで夕食の準備に掛かる。今夜から桜がいないということだったから、食器の数なんかは気をつけなくちゃいけないな。まあ、作る量についてはセイバーと藤ねえで1人分くらいは誤差の範囲に入るのだけど。  そのセイバーは、早速タイヤキの消費にかかっていた。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

お久です。

 ご無沙汰しております。何とか生きてます。いやはや。  というわけで、サイトの方ごそっとリニューアルしてみました。自力でCSSをちまちま叩いてみたり。当人が携帯不所持なこともあり、携帯ユーザーさんには不親切な作りになっていると思いますのでごめんなさい。携帯サイトも作ってはみたいんだけど、テキスト量が洒落になってないからなあ、うち。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Fate/gold knight 18

 ごくり、と息を飲む。その音すら、俺の耳には届かない。  周囲は雑踏に充ち満ちている。夕方の、ごく普通の商店街の、その一角。  ごく当たり前の、平凡な日常の一コマ。そのはずだ。 「ふふ、どうしたの? 死神にでも会ったような顔をして」  その日常の中にくっきりと浮かび上がるは、本来ここにはいないであろう白い少女。  イリヤスフィ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more