Fate/gold knight 17

 午前中の授業は何事もなく、大変平和のうちに終了した。
 この場合の『何事も』とは、慎二も含めた敵対勢力からの目に見える襲撃を受けなかった、という意味だ。というより慎二はHRの始まる一、二分前になってやっと教室に姿を見せ、そのまましれっとした顔で自分の席に着いたから、会話のひとつも交わしちゃいない。
 かといって、本当に何事も無かったわけじゃない。授業前、いつものように一成に付き合って校内を移動しているときに、遠坂と共に潰しておいた結界の基点を確認していてそれは分かった。
 そいつらは、僅かながら再生が始まっていた。今の状態では完全に消し去ることができないから、まずくなりそうだと思った時点で再び弄ることになる。できればその前に術者……推定ライダーを倒してしまいたいのだけど。そうでなければ再生破壊再生破壊の繰り返しで手間取るだけだし。


  Fate/gold knight 17. むらさきのだんぜつ


 そうして、今は昼休み。
 今日もまた、冬故に人のいない屋上で遠坂と一緒に昼食を取っている。……目の前にいる赤い誰かさんが淹れてくれた日本茶の美味しいこと。この野郎、妙なところまで準備万端だな。ええい自慢げに俺をニヤニヤ見つめるな、気持ち悪い。こいつが俺の前世だなんて信じないからな。
「……それじゃ、やっぱり元から断たなきゃだめか。分かってたんだけどねえ」
 昼食後の日本茶を一口飲んだ遠坂が、屋上の基点に視線を投げたあと大きく溜息をついた。アーチャーに指摘され俺が見つけたそれも、ゆっくりとだけど力を取り戻しつつあるのがここからでもよく分かる。……遠坂はそばまで寄らないと分からない、らしい。妙なところで遠坂に勝ってるなあ、俺。
「それで士郎、慎二にはちゃんと断り入れた?」
 周囲に他人がいないせいで呼び方が『士郎』になってるのは置いておこう。どうせ誰かに見られた瞬間に『衛宮くん』に切り替わるんだろうしな。器用だなあ。
「いや、まだだ。あいつ今朝遅かったし」
 嘘をつく理由など一つもないので、素直に答える。さすがに教室でこんな話をするわけにもいかないし、かといってどこかに呼び出し……などということも短い時間では無茶だろう。きちんと話をするとしたら昼休み……はこうやって遠坂とお昼なので、残るは放課後ということになる。……まあ、朝とか昼休みとかに話したら、その後の授業が微妙にやりにくいというか何というか。遠坂と違って俺は慎二と同じクラスなんだからな。
「ふーん。桜と生活パターン違うのね」
「同じ部活なのにな。慎二は朝練なんてほとんど出ないから」
 呆れた声を上げる遠坂に、思わず深く頷いてしまった。俺はあまり長いこと在籍してはいなかったけれど、部員だった間はそれなりにきちんと練習に参加していた。桜もそうだ、うちからきちんと朝練に出ている。まあ、双方顧問教師と一緒に朝食を取っているから変にさぼれないからな。
 けれど、正直言うと俺が弓道部にいたその間……慎二が朝練に来たことなんて一度もなかったような気がする。放課後の練習だって大して参加しちゃいなかったけれど。それで副主将っていうのは多分、二年になってから自分が引き込んだ女子部員の人気によるところが大きいはずだ。ちなみに美綴の主将着任も同じらしいというか、美綴は男女双方にかなり人気が高いし。
「形だけ繕って、女の目を引きたいのであろうよ。あれはそういう男だ」
 ってアーチャー、自分も茶を飲みながらそういうこと言うか。つーか、慎二のことよく分かってんじゃねーか、あまり会ったことないだろうに。
「そうでしょうねー。何、今日のお昼も下級生の女の子に囲まれてお弁当、だったり?」
「多分。教室出てくるとき、黄色い声でやかましかったから」
 二つの弁当箱を丁寧に片付けながらのやりとり。他人に聞かれたところで、これが敵情視察報告だとは誰も思うまい。……というか、当の『敵』である慎二だってこの異常な状況をちゃんと把握しているんだろうか。あいつ、公私混同してることよくあるからなあ。
 赤い方の弁当箱を膝に乗せて、遠坂はきっと俺を睨み付けた。彼女にしてみれば普通に見たのかもしれないが、俺には睨み付けられたように感じられた……恐らくは、まだ慎二に話をしていないことに対して少々怒りを感じていたのだろうな。しょうがないだろう、状況が状況なんだから。
「じゃあ、慎二に話をするのは放課後ね。士郎」
「おう」
 自分の弁当箱を手に持って、遠坂の問いに答える。その答えを待っていたかのように動いた遠坂の視線の先には、赤い外套を纏った男の姿があった。自分に視線が集中したのが分かったかのように、アーチャーは顔を上げる。
「何だ? 凛」
「アーチャー、士郎についていなさい。わたしも近くにいるから」
 手短な命令。その意図するところを察したのか、奴は軽く頷いてみせる。
「了解した。しかし、万が一戦闘にでもなったらどうする気だ?」
「それは大丈夫よ。あんた、士郎のサーヴァントだって思われてるんでしょ」
 そう。
 遠坂の言うとおり、慎二はアーチャーを『衛宮士郎のサーヴァントであるセイバー』だと思い込んでいる。正確に言うとアーチャーと俺の二人でそう誤認させたわけだが……いやまあ、二刀流な野郎が実は弓兵ですーなんて言ったところで信じてもらえなさそうだけどな。そして、本当の剣の騎士はうちのエンゲル係数を一挙に引き上げてくれたお嬢さんだってことも。
「それなら、その場にわたしが顔を出せばいい。そうすれば慎二は、アーチャーとは別にわたしのサーヴァントが潜んでると思うはずだわ。ライダーがそうじゃないことを知らせたら別でしょうけど」
 そうして、遠坂の指摘に俺たちはなるほど、と同時に頷いた。そりゃそうだ、アーチャーのことを遠坂のサーヴァントだと分からなかった以上、慎二は『遠坂凛のサーヴァント』を知らない。知らない相手がどこにいるのか、多分あいつには確認するすべがない。あるとしたらそれは、あいつが従えているライダーだけ……だけど。
「それはなさそうだな。どうしてか分からないけど、ライダーは慎二とあまり仲良くないような気がする」
「同感だ」
 これまた、俺とアーチャーは同じ考えだったらしい。それこそ慎二とライダーよりもよほど仲が悪いだろう俺たちが頷き合うのに、遠坂は目を丸くしている。何だよ、そんなにおかしいか?
「そう? ならいいんだけど。ほんとにあんたたち、気が合うわね」
『合わない!』
 ……寸分の狂いもなく同じ台詞、同じ口調、同じタイミング。案外遠坂の言うとおり、気は合うのかもしれない。ただあまりに思考が似すぎていて、同族嫌悪みたいになっているだけなのかも。
 それはそれで、何だか気分が悪いのだけれど。

 午後の授業も、それなりに普通に終わった。慎二はちゃんと自分の席で授業を受けていて、時々俺の方をちらちら見ていたのが分かった。いや、ちらちらというよりはちくちくという感じかな。つまるところ、俺が態度をはっきりさせていないので苛ついていたんだろう。悪い、やはり早めにちゃんと言っておくべきだったか
 それはともかく、本来ならば下級生の女の子たちを侍らせてさっさと下校する慎二がここまで教室に残っているということは、こっちの答えをさっさと聞きたいということだろう。期待には応えないとな……多分、慎二の想定している答えとは違う返事だけど。
「慎二。話がある」
 決心して、友人の名前を呼ぶ。それを待ち焦がれていたかのように振り返り、慎二はいつもの自信に満ちた笑みを浮かべた。その自信には、どことなく根拠がないように俺には思えた。
「んー? 何だい、衛宮」
「昨日の返事。ちゃんとしておこうと思ってな」
 ちらりと周囲に視線を走らせながら、話題を振った。こちらとしては魔術の話を誰かに聞かれるわけにもいかないし……慎二から見れば、もしかしてそばにいるはずのサーヴァントと心話を交わしているようにも見えるだろう。まあ、芝居といえば芝居だ。
「……ああ、そっか。僕、お前に同盟申し入れてたんだよなあ。あはは、すっかり忘れてたよ」
 しばらく考えてから思い出した、というポーズで笑う慎二。嘘つけ、お前の目しっかり期待しているじゃねえか。
 あの自信はどこから来るのか、一度聞いてみたいもんだ。何しろ慎二は、俺が自分の味方になることを、まったく疑っていない。俺がそこにつけ込むような悪党だったらどうする気なんだろう。……まあ、その可能性が無いことを知っているからこそのあの態度、なんだろうが。
「で、返事はどうなんだい衛宮? まさかお前、断るなんてことないよなあ?」
 にやにやと笑みを浮かべる慎二の顔を、俺はしっかりと正面から見つめ返す。ん? と不思議そうな表情に切り替わった慎二に、俺はゆっくりと頷いた。
「そのまさかだ。悪いな慎二、同盟は見送らせてもらう」
「は? お前、何言ってんだ?」
 まあこちらの予想通り、慎二は意外だという顔をした。すまん、俺だってお前と戦わずにすむのならそれに越したことはないんだけどな。
「言っただろ、遠坂だって参加者なんだぞ。その遠坂に狙われたりしたら」
「悪いわねー。狙うも何も、こっちが先に同盟組んでるのよねぇ」
 がらり、と教室の扉が開け放たれる。そこで待ってたのかよ、遠坂。ものすごく不機嫌そうな顔をしているのは、自分に対する悪意をあからさまに感じているからだろうなあ。慎二は美綴や弓ねえとあまり仲が良くないのだけど、彼女や遠坂みたいな勝ち気な女の子とは相性が合わないんだろう。そうして、その鬱憤を気の弱い桜にぶつける……ああだめだだめだ、そんなことはさせられない。って、そういうことを考えている場合じゃないだろう、俺。
「なっ!? と、遠坂……」
 うろたえる慎二とは対照的に、いつものように自信満々の笑みを浮かべている遠坂はことさらゆっくりと歩みを進める。そして、俺と肩を並べた。遠坂の言葉よりも何よりも、今俺たちがこうやって並んでいるその姿こそがどうやら、慎二にダメージを与えたようだ。見ろよ、どこか芝居がかってるみたいに足元よろめかせてる。
「まあ、そういうわけだから。ね、衛宮くん?」
「ああ、そういうことだ。悪い、慎二」
 何となく、言葉も合わせる。それでトドメになったのだろうか、慎二の顔が歪んだ。眉間にしわを寄せ、俺と遠坂を睨み付けてくる。けれど顔色は青ざめていて、確実に自分が不利であることは悟っているようだ。
「できれば俺は、お前とも戦いたくなかった。だからお前とも組めないかどうか、遠坂と相談したんだけど……ごめん。慎二、お前と同盟は組めない」
 そこに、さらに俺の言葉で追い打ちを掛ける。これはつまり、自分自身にけじめを付けるための決別の言葉でもある。これ以降、聖杯戦争において衛宮士郎は間桐慎二を敵と見なし、遠坂凛を味方として行動するという宣言だ。
「ちっ……そうかいそうかい、分かったよ」
 ぎろり、と睨み付ける慎二の目には、憎しみの色だけがあった。ああ、これで完璧に敵認定されたな。聖杯戦争だけじゃなく、日常においても。
 慎二は自分の周囲にいる人間を「敵」と「味方」にきっちり分ける性癖がある。「味方」とは大概「手下」のことであり、「敵」とはつまり「叩き潰すべき存在」もしくは「弱みを握って利用する存在」であるらしい。ちなみにこの場合、美綴や弓ねえは「敵」扱いらしいが……まあ、慎二に叩き潰せるとは思っていない。返り討ちに遭うのが関の山だ。さて、俺はどうなることやら。
「覚えておけよ、衛宮! 僕を仲間にしなかったことを、思いっきり後悔させてやるからな!」
 いかにも小者っぽい台詞を吐くのは何でだろうな。そんなことを言われても、こちらとしてはあまり後悔するような事態が思い浮かばない……ああ、一つだけ。
「そっちこそ、桜に八つ当たりでもしてみろ。聖杯戦争のことを除いても俺と弓ねえが許さない。藤ねえも放っちゃおかないだろうな」
 そう。心配なのは慎二の妹である桜のことだけ。それは遠坂も同様だったらしく、一歩踏み出した彼女の顔はさっきの慎二よりもずっと怒りにまみれていた。……いや、怒りというよりは何だろう……白眼視? うーん、違うなあ。いろんな感情が入り交じっているように、俺には見える。その全てが負の感情だというのが気が重い。
「そうね。わたしも許さないわよ、そんな小物じみた真似なんて。まあ、間桐の後継者ともあろうお方がそぉんなことをするはずがないわよねえ?」
「う、うるさいうるさいうるさい! くっそう、覚えてろー!」
 俺よりはるかに迫力のある遠坂にビビったようで、慎二は転がるように逃げ出していった。何度かつまずきながら走り去っていく慎二の後ろ姿を見送って、俺はほうと息を漏らした。ああ、これで友人を一人、失ったんだなあ。多分、永遠に。
「──言うじゃない。衛宮くん」
 とん、と肩に重みが掛かった。視線を向けると、俺の肩には遠坂の手が置かれている。先ほどの怒りの表情はどこへやら、遠坂はすっかりいつものやわらかな笑みを浮かべていた。すごいな、感情の切り替えがこんなに早くできるなんて……ああ、姉上どももそうか。
「俺だって、このくらいのことは言うさ」
 それはともかく、俺は溜息を一つついて髪を掻き回した。
 慎二は悪い奴じゃないけれど気分屋で、その日によっては相手が女の子でも簡単に手を挙げる。あいつにはストッパーが必要だったのだと思い知らされたのは、桜が慎二から暴力を受けていたことを知った日だった。それからは俺がストッパーになれればいい、とそう思っていたのだけど……それも、今日で終わり。
 あいつを止める奴がいなくなった後一番心配なのは、一つ屋根の下で暮らしている妹・桜のことだから。
「桜は俺にとって妹みたいな奴なんだ。兄貴が妹に暴力を振るうなんてそんなこと、許せない」
「お姉さんは振るうのに?」
 う゛。遠坂、鋭いツッコミ。でもお前、うちの姉を何だと思ってるんだ。確かに暴君なのは事実だがっ。
「弓ねえも藤ねえも、何だかんだで手加減してくれてるしな。それに、さりげなくフォローが手堅い」
「ふーん。まあ、確かに藤村先生も弓美さんも、士郎には甘いもんねえ」
 あのな、遠坂。そのニヤニヤ笑いはやめろよ。お前の背後でアーチャーが呆れて肩をすくめてるぞ。多分、今俺が浮かべてる同じ表情をして。
 まあ、姉二人が俺に甘いであろうことも事実だけど。比較対象が無いからいまいち分かりにくいけどな。

 慎二がいなくなった頃を見計らい、遠坂と二人……正確にはアーチャーを含め三人で校門へと向かう。少し待たせたにもかかわらず弓ねえは腹を立てることもなく、セイバーと一緒に待っていてくれた。
「士郎。慎二がえらくご立腹だったようだが、何ぞあったか?」
 いつものように腕を組んだポーズで、姉貴はどこかつまらなそうな顔をしている。元々仲の良くない慎二が不機嫌だったところで、この金の姉はいい気味だと鼻で笑うはずだ。……そうでないのは多分、慎二がぶつぶつと独り言でも呟いていたんだろう。機嫌が悪いときの慎二には時々あることだ。そしてその呟きの中に、俺や遠坂の名前が出ていたとすれば。
「シロウ」
 セイバーもどこか訝しげな顔をして一歩前に踏み出す。ああ、状況をちゃんと説明しておかなくっちゃな。
「ああ、慎二から申し出のあった同盟を、さっき断った。慎二とライダーは、これから俺たちの敵ってことになる」
 簡潔に説明すると、金の二人も納得したように頷いてくれた。弓ねえの表情が不満顔から、獲物を見つけた獣のような表情に変化する。
「うむ、任せよ。慎二にはとっておきの灸をすえてくれようぞ」
 前言訂正。弄り甲斐のある玩具を見つけた猫の表情だ。慎二、お前弓ねえに玩具にしか思われてないぞ。次に会ったらいびられるから覚悟しておいてくれ。
 その一方で、セイバーは表情をほとんど変えなかった。一度目を閉じ、そうして開かれた青い瞳は俺をまっすぐに見つめてくる。
「分かりました。──マスターのシンジではなく、ライダーを倒せばよろしいのですね、シロウ」
 サーヴァントとしての、聖杯戦争における役割……それは敵対するマスターもしくはサーヴァントを滅ぼし、己が仕えるマスターを勝利へと導くというもの。あくまでも己の立ち位置を見失わず、セイバーは自分が為すべきことをちゃんと把握してくれた。
 本当ならば、サーヴァントよりマスターを倒す方が簡単だろう。ライダーに弄ばれた俺でも、慎二ならどうにか相手にできる。相手の隙を突くことさえできれば、殺さなくったって無力化くらいはできるはずだ。
「すまない、セイバー」
「まったく、甘いことだ」
「黙りなさい、アーチャー。我がマスターがそうと決めたのであれば、私はサーヴァントとしてそれに従うまでです」
 俺を鼻で笑うアーチャーに、セイバーが眉をひそめながら反論する。うん、確かに俺は甘い。アーチャーに笑われても仕方のないことだ。
 けれどセイバーは、難易度の高いサーヴァントを倒すという方法を選んでくれた。俺の……少なくとも俺自身はまだ友人だと思っている慎二を手に掛けないと、彼女はそう言ってくれたんだ。生きてさえいれば……生命さえあればきっと何とかなるだろう、そう俺は信じている。
「慎二はそもそもあまり前には出てこないタイプだし、武道に通じているわけでもない。サーヴァントが倒されたら、素直に引っ込むはずだ」
「そうね。ライダーさえ倒してしまえばあの腰抜け、どうにかなるはずよ。事情説明もされているでしょうし、生き延びられたら多分自分で教会に逃げ込むと思うわ」
 俺の意見に遠坂も賛同してくれた。弓ねえは同じように腕を組んでうんうんと頷く俺と遠坂をしばらく見比べて、弓ねえもゆったりと一つ頷いた。まるで良きに計らえ、とでも言うかのように……あ、言ってるのかなもしかして。
「まあ、士郎の要望であるからの。何、全てが終わった後に我があの馬鹿者を根底から叩き直してくれるわ。あの大馬鹿野郎、一度や二度締め上げたくらいでは改心せぬであろうし」
 全てが終わった後。
 きっとほんの数日後に訪れるであろうそれが、どれだけ遠く思えることか。
 だけど、来ないはずはないと信じて俺は頷いた。ここにいる誰もが……そして慎二も、その日まで生き延びることを信じて。
「ああ、それは頼むぞ弓ねえ。何なら藤ねえも付ける」
「ふふ、それは大変に心強い。大河はあれでもきちんと教師をしておる故、再教育には」
「……うわあ。慎二、ご愁傷様ねえ」
「……生き地獄、ですね……」
 顔をしかめる遠坂の隣で、セイバーは小さく溜息をついていた。うん、セイバーの想像する生き地獄っていうのがどういうものかは分からないけれど、方向性としては同じようなものだと思うぞ。

 そんなこんなで、実体化したアーチャーも含めて五人でマウント深山商店街を回る。旬の野菜や魚なんかを大量に仕入れ、一息をつく。
「む。シロウ、タイヤキの匂いがします」
 ひくひくと鼻を動かすセイバー。お前はほんとに犬か。でもまあ、夕食の前に軽く一つ食べるくらいなら構わないだろう。多分セイバー、今何か腹に入れておかないと暴れる可能性がある。腹減ったーって……どこが過去の英雄なんだろうなあ。まあ英雄ったって腹は減るもんだろうけど。
「ああ、いいよ。一袋買ってくる、少し待っていてくれ」
「アーチャー、一緒に行ってきなさい」
「何で男が二人してタイヤキを大量に買ってこなければならんのだ」
 遠坂がアーチャーに指示したのは俺の護衛、ってことなんだろうけれど、奴は大層に不満げな顔をした。あ、頬が少し膨れてる。うん、野郎が二人連れだってタイヤキ買うのは学校帰り同士ならともかく、今のお互いでは微妙だな。
「ならば我が行こう。良いな?」
 こういうときに進み出てくれる姉上は大変にありがたい。ほら、あかいあくまも渋々「それならいいか」って引き下がってくれたし。ってアーチャー、あからさまにほっとした顔すんな。俺だってお前と買いに行くのは正直ごめんだよ。
「あー、すまん。弓美、頼むぞ」
「任せおけ。何ぞあったら可愛らしく悲鳴でもあげてやるぞえ?」
「似合わないからやめてくれ、弓ねえ。あんたは悲鳴の前に相手ねじ伏せるだろうが」
「そうですね。ユミには愛らしい悲鳴は似合わないと、私も思います」
 セイバーと珍しく意見が合った。姉貴はぷうと頬を膨らませたけれど、衛宮弓美の人となりを少しでも知っていれば皆同意見だと俺は思う。「それじゃ、さっさと行ってらっしゃいな」という遠坂の言葉に押されるように、俺と姉貴は江戸前屋に向かった。一袋、だと何となく足りなさそうな気がしたので二袋買うことにする。俺が一つ、姉貴が一つ。出来たてなので温かい。
「ふむ、いつものことながら良い香りだのう。これは早めに帰らねばなるまい」
「はいはい、ちゃんとお茶淹れるから」
 苦笑しつつ、姉と二人道を歩く。日が傾いていて、金色の姉は僅かに赤がかって見えた。それはまるで、あの少女と対照的な色で──
「んふ。お兄ちゃん、みーつけた」
 ──その対照的な色が、そこにぽつんと置かれている。
 忘れるはずもない。
 あの時は月の光にきらめいていた、銀色の髪。
 全てを引きずり込むような、赤い瞳。
「こんにちは、お兄ちゃん。ユミも元気そうね」
 黄金の弓ねえと対照的な、白銀の少女。
 バーサーカーのマスター、イリヤスフィール=フォン=アインツベルンは平然と笑みを浮かべながら、商店街の人混みの中に立っていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

K
2008年02月16日 08:32
待ってました
相も変わらず良かったです
2008年03月23日 09:27
『RAVENDER』の続き、気になります!
待ってま~す♪
かつて夢見た僕の未来
2008年07月26日 23:56
初めまして。
一話から通して読みましたが、弓ねぇが可愛くてたまんないですね。
更新楽しみにしてます。がんばってください。
畝う
2008年07月28日 23:58
はじめまして。面白いので、更新を楽しみにしています。
御影
2008年09月06日 05:35
 はじめまして。goldknight拝見させていただきました。
 非常に素敵な作品ですね!
 シスコン万歳・ブラコン万歳!
 これからも楽しみにしています。
風まかせ
2008年10月25日 22:59
待ってます。
としか言えないのが辛いところです。
筆が乗れば、ぜひ続きをお願いします
Shunki
2009年09月14日 22:09
すっかり遅くなりまして申し訳ありません。
コメントは励みにさせていただいております。

一括レスにて失礼します。